廃棄物
 

丸清の廃棄物部門

迅速な集荷から確実な廃棄まで地球にやさしいシステムで対応。

時代とともに、ゴミの種類はますます多様化しています。毎日、家庭や企業から大量に排出される一般廃棄物や産業廃棄物をいかに処理するか・・・、それは、環境保護が叫ばれる今日、特に重要な問題になってきました。マルセイの「廃棄物部門」は、必要な許可をきちんと取得し、法律に基づいた確実な処理を行なっています。

許認可または許可等一覧

福岡県

福岡県産業廃棄物処分業許可証     第04020013473号

中間処理(溶融固化) : 廃プラスチック類(発泡スチロールに限る。) 以上1品目
中間処理(圧縮梱包) : 廃プラスチック類(自動車等破砕物を除き、軟質系プラスチック類に限る。)、金属くず(缶類に限る。) 以上2品目
中間処理(圧縮) : 金属くず(缶類に限る。) 以上1品目
中間処理(破砕) : 廃プラスチック類(自動車等破砕物を除く。) 以上1品目

福岡県産業廃棄物収集運搬業許可証     第04000013473号

積替え、保管を含まない。
廃プラスチック類、金属くず、ガラスくず等(以上3品目については、自動車等破砕物を除く。)、燃え殻、汚泥、廃油、廃酸、廃アルカリ、紙くず、木くず、繊維くず、動植物性残さ、ゴムくず、鉱さい、がれき類、ばいじん(廃プラスチック類、紙くず、木くず、繊維くず、ガラスくず等、がれき類については、石綿含有産業廃棄物を含む。) 以上16品目

北九州市一般廃棄物収集運搬業許可証     北九一廃 第021号

A類(ふん尿を除く一般廃棄物)

北九州市産業廃棄物処分業許可証     第07620013473号

破砕 : 廃プラスチック類(自動車等破砕物を除く。)、紙くず、木くず、繊維くず、ゴムくず、金属くず(自動車等破砕物を除く。)、ガラスくず(自動車等破砕物を除く。)
以上7種類(特別管理産業廃棄物であるものを除く。)

圧縮 : 廃プラスチック類(自動車等破砕物を除く。)、紙くず、繊維くず、金属くず(自動車等破砕物を除く。)
以上4種類(特別管理産業廃棄物であるものを除く。)

破砕・溶融 : 廃プラスチック類(発泡スチロールに限る。)
以上1種類(特別管理産業廃棄物であるものを除く。)

山口県

山口県産業廃棄物収集運搬業許可証     第03500013473号

廃プラスチック類、金属くず、ガラスくず・コンクリートくず(がれき類を除く。)・陶磁器くず(自動車等破砕物を除く。以上3種類)、燃え殻、汚泥、廃油、廃酸、廃アルカリ、紙くず、木くず、繊維くず、動植物性残渣、ゴムくず、鉱さい、がれき類、ばいじん(これらのうち、特別管理産業廃棄物であるものを除く。) 以上16種類

大分県

大分県産業廃棄物収集運搬業許可証     第04408013473号

燃え殻、汚泥、廃油、廃酸、廃アルカリ、廃プラスチック類(廃容器包装、廃プリント配線板を含む)、紙くず、木くず、繊維くず、動植物性残さ、ゴムくず、金属くず(廃容器包装、廃プリント配線板を含む)、ガラスくず等(廃石膏ボードを含む)、鉱さい、がれき類、ばいじん  (以上16種。ただし、石綿含有廃棄物であるものを含み、上記以外の非安定型産業廃棄物及び特別管理産業廃棄物であるものを除く。)

佐賀県

佐賀県産業廃棄物収集運搬業許可証     第04103013473号

燃え殻、汚泥、廃油、廃酸、廃アルカリ、紙くず、木くず、繊維くず、動植物性残さ、ゴムくず、鉱さい、がれき類及びばいじん並びに廃プラスチック類、金属くず及びガラスくず・コンクリートくず・陶磁器くず(自動車等破砕物を除く。) 以上16種類

その他

  • 廃棄物再生事業者登録証明書     登録番号 第1号
  • 廃棄物再生事業者登録証明書     登録番号 第107号
  • 計量証明事業登録証           第203号
  • ISO14001登録             E0064
  • 古物商                    第909990041602号
  • 古紙商品化適格事業所(遠賀事業所)    認定番号H-01-040-02
  • 古紙商品化適格事業所(二島本社)     認定番号H-01-040-01
  • 北九州市一般廃棄物処理施設設置許可  許可番号28
  • 福岡県一般廃棄物処理施設設置許可   許可番号第31号